テンセグリティ構造 ...|一宮市 交通事故治療・スポーツ傷害・肩こり・腰痛

むち打ち症、交通事故後の後遺症、肩こり・腰痛などお気軽にご相談ください。

  • 一宮市中島通1-4 電話番号0586-25-0035

ブログ

テンセグリティ構造 

  • 2018年01月24日

テンセグリティとはtension(張力)integrity(統合)の造語です。

1960年代にバックミンスター・フラーさんによって使われ始めたそうです。

張力によって物体を統合して均衡を保っているという様な意味です。

筋骨格にアプローチする職業の人なら聞いたことがあると思います。

骨は支えがないとバラバラになって立つことも出来ません。

これを支持するものが皮膚、靭帯、筋などの軟部組織です。

これらの連続する張力で重力に抗い動くことが出来ます。

71qy-ecqhzl-_sy355_

模型の一部を押すと模型全体がたわみ離れたところにゴムがたるむ箇所が出てきます。

たるむ箇所痛みの出ている部位だとすると、たるんだ箇所にアプローチしても意味がないということがわかります。

人体をテンセグリティ構造に見立て、1つの問題が全身に波及するということを頭に置いておくとアプローチのヒントが得られる

かもしれません。

imgrc0066410455

 

 

 



  • 中島通接骨院
  • 0561-72-0015