肩の痛み|一宮市 交通事故治療・スポーツ障害・産後の骨盤矯正

むち打ち症、交通事故後の後遺症、肩こり・腰痛などお気軽にご相談ください。

  • 一宮市中島通1-4 電話番号0586-25-0035

ブログ

肩甲上神経

  • 2017年05月25日

野球やバレーボールなどのオーバーヘッドスポーツで見られるものに

肩甲上神経神経の絞扼による筋の萎縮があります。

 

繰り返されるフォロースルー動作で肩甲上神経に牽引ストレスがかかり、神経障害が引き起こされます。

肩甲上神経支配の棘下筋は投球時にはブレーキをかける働きがあります。

その筋が萎縮しているとブレーキがかからないので肩関節にかかる負担が大きくなります。

ろくなことが起こりません。

肩甲骨を見てペこんとへこんでいる人は注意が必要です。

images-6


SLAP lesion

  • 2017年04月23日

SLAPはsuperior labrum anterior and posterior のことで、

上腕二頭筋付着部を含む前上方から後上方にかけての関節唇

の様々な損傷のことをいいます。

 

4つの型に分類され、投球動作によるものと、転倒等の外傷によるものがあります。

images-9


肩にとっての三重苦

  • 2017年04月10日

肩の痛みでお悩みの方は多いですが。

とりあえず悪くしない方法があります。

わるくする方法もあります。

肩甲骨をおさえて腕をまわす

肘からあげる様に腕をあげる

肩甲骨面よりも後ろで腕をあげる

上記は私が勝手に肩にとっての三重苦と呼んでいるものです。

肩の調子が悪い人がよくする動作に健側の手で肩甲骨を上からおさえて、肘からあげるようにして肩甲骨面よりも後ろで肩の調子を確認する

というのがあります。

肩関節にとって窮屈な動きなので悪い人は不調を感じやすいし、健康な肩もこれを繰り返すと悪くなります。

やらなきゃいけないことをやるより、やってはいけないことをやらないほうがよいことが多々あります。

images-5


肩こり

  • 2017年02月27日

肩こりは、肩だけを見るのではなく全身を見ていく必要があります。

肩周りの筋を治療してもすぐに治療効果はなくなってしまいます。肩周りだけでなくその部位に負担をかけている理由を探す必要があります

日常動作のくせ、そのくせはどこかを代償して出ているものであればその部位も治療の対象になります。


バレーボール

  • 2017年02月16日

バレーボールの選手で、打つ側の肩の棘下筋という筋肉が萎縮していることがあります。

これは肩甲上神経という神経が、ボールを打つ際に引っ張られることが原因と考えられています。

棘下筋の役割に肩関節を安定させる働きもあるのですが、萎縮してしまっているとその働きができません。

肩関節だけでなく、肩甲骨の動きも考慮した治療が必要になってきます。



  • 中島通接骨院
  • 0561-72-0015