一般治療(各症状・スポーツ障害・外傷) | 一宮市 交通事故治療・スポーツ障害・産後の骨盤矯正

むち打ち症、交通事故後の後遺症、肩こり・腰痛などお気軽にご相談ください。

  • 一宮市中島通1-4 電話番号0586-25-0035

一般治療
各症状・スポーツ障害・外傷

身体の痛み・ケガの症状や治療について

日常生活やスポーツでのケガ、慢性的な肩こり・腰痛治療は当院にお任せください。

ぎっくり腰寝違えなどによる突然の痛み、スポーツでの捻挫打撲、肉離れなど急性疾患によるケガは健康保険で治療を受けることができます。

捻挫・打撲

身体の痛みは、ケガによる急性のものと、何年も続く肩こりや腰痛のような慢性との二つに大別されます。

腰で例えるならば、何かの拍子に腰に激痛が走り、痛みで動けないのがぎっくり腰。

これは急性疾患。 痛み自体はさほど大きくなく、鈍く重苦しい痛みが数か月~数年続く腰痛。

これは慢性疾患です。

慢性疾患は不快な痛みが続きますが、いつの間にか治まったりするのでなかなか完治しづらいのが問題です。

また、気付かないうちに痛みをかばう姿勢を続けていたことで、身体のバランスが崩れ、別の場所も痛み出したり ケガをしやすくなったりと悪影響を及ぼします。

当院では急性・慢性問わず、全身のバランスを整えることを治療に取り入れています。

接骨院ではケガに対してしか健康保険を使用することができませんが、当院では長年続く慢性的な痛みに対しては自費診療で対応しております。

※ケガの治療については健康保険を優先させますが、「保険内治療ではすぐに痛みが引かない」「治療に時間がかかる」という場合には自費治療を推奨させていただく場合がございます。
※負傷年月日や負傷原因がわからない慢性疾患の場合は自費診療となります。

身体の痛み各症状

首の痛み

寝違え

首のコリ

寝違えは、首周囲の靭帯や筋肉の急性炎症による痛みの総称と言われています。 睡眠時の姿勢や、枕と肩の高さが合わないことが原因で、頸部にある筋肉や関節周りの組織が炎症を起し痛みが生じます。 炎症が起こった箇所は、痛みにより首や肩甲骨の動きが著しく制限され、重症の場合は着替えや寝返りの際に激痛が走ります。

むち打ち

交通事故での衝突、追突、急停車などによる衝撃で、首がムチのようにしなることで発症します。 むち打ちは交通事故によるものが多いですが、ラグビーやサッカーなどの強い衝撃を受けたり、転倒するような接触の激しいスポーツによっても起きる場合があります。 当日の症状は軽く、レントゲン撮影をしても骨に異常が無いことがほとんどで、放置された後数日してから痛み出すのが厄介なところです。 むち打ちは時間の経過とともに完治しずらく、頭痛、吐き気、めまい、肘や指先にしびれを感じたり、肩や上半身が重く気だるく感じるようになります。 後遺症にならない為にも、早期の適切な治療が必要です。

肩の痛み

四十肩・五十肩

肩こり

四十肩と五十肩で呼び方は異なりますが、発症する年代が違うだけでどちらも肩関節周囲炎という肩関節の周りの炎症のことです。 通常の肩関節は広範囲に自由に動かせるようになっていますが、炎症を起こすと動かせる範囲が制限されてしまいます。 重症化すると、日常生活の動作が困難になったり、寝ているときにも痛みを感じるようになります。 痛みを感じたら無理せず、安易な自己判断で放置しないで、早めの診察を受けて下さい。

慢性肩(首)コリ

現代人はパソコン作業、机での学習、家事など長時間にわたり同じ姿勢で作業する時間が多くなっています。 同じ姿勢が続くと、肩の周辺や首などの筋肉が緊張した状態になり、血行障害を起こしてきます。 それが首や肩、背中の筋肉の貼りやコリへと繋がります。 この他、運動不足や寝不足、ストレスなどが原因で発生するとも言われています。 単に首や肩のコリだからと言って放っておくと、頭痛や嘔吐、睡眠障害など様々な症状が出てくることがあります。

腰の痛み

ぎっくり腰

ぎっくり腰

ぎっくり腰の原因は様々で、慢性的な筋肉疲労が蓄積され何かの拍子に発症してしまうケースや、 骨格の歪みから柔軟性を失い、身体のバランスが崩れ腰に急激な負荷がかかった場合などに発症します。 最近では若い人にも多く、一時的に歩行困難になり仕事に支障をきたすこともあります。 少しでも動けるようになったら、早めの受診をお勧めします。

椎間板ヘルニア

椎間板ヘルニアとは椎間板が潰れ、一部分が飛び出て神経を圧迫する疾患です。 首から腰までどの場所にも発生する可能性がありますが、ほとんどは腰の部分で起こります。 椎間板が飛び出ていても痛みを感じない人もいますが、いつ痛みが発症するかはわかりません。 姿勢の悪い状態や長時間の運転など、普段の生活習慣を見直し、腹筋背筋の強化やウォーキングなどの軽い運動をするといった予防も大切です。

膝の痛み

変形性膝関節症

変形性膝関節症

正常な膝関節の表面は弾力のある軟骨で覆われていて、膝関節にかかる衝撃を吸収したり、関節の動きをスムーズにする働きがあります。 しかし、老化や肥満、筋力低下などが原因で、良好な肢位を保てず痛みを発症します。 症状の特徴として、膝を動かしているときに痛みは出るが動かないで安静にしていると痛みは解消されます。 しかし、症状が進行すると、安静にしていてもすぐには痛みが解消されにくくなります。 適切な治療を受けることにより、痛みの軽減と発症や進行を遅らせることができます。


スポーツ障害
・外傷専門治療

パーソナルトレーニング

スポーツ障害・外傷の専門治療を行っている中島通整骨院では、プロ・アマチュア・クラブ活動・シニア世代の方達 までと、幅広い年齢層の患者様が来院されています。

どんなスポーツにもケガはつきものですし、スポーツ障害と呼ばれるような慢性的な症状もあります。

ケガや障害があっても自己治療でごまかし続けていると、痛みや障害が改善されず、競技に戻れないばかりか日常生活にも支障をきたしかねません。

また、当院では「結果が出ない」「記録を伸ばしたい」「筋力をつけたい」という方の為に、治療と並行してパーソナルトレーニングも行っています。

身体を治して、目標を達成してみませんか?

一般の方は筋力の強化やダイエットなどで利用されています。

スポーツ障害

スポーツ障害

スポーツ障害とは

スポーツによって繰り返し過度の負担が積み重なり、慢性的に痛みが続くものをいいます。
よく聞くものとして、テニス肘、野球肘、ランナー膝、シンスプリント、アキレス腱炎などが挙げられます。

オスグッド病(成長痛)

オスグッド病

オスグッド病は、小学校高学年から高校生くらいまでの思春期に膝下あたりに痛みが出る症状のことです。 膝蓋骨の下部の骨のところが膨らんで、押さえると痛みがあったり、膝を動かしたり衝撃を与えると痛むという特徴があります。 特に10歳~15歳くらいの頃に発症し、バレーやサッカー、バスケットなど走ったりジャンプして脚をよく使うスポーツをしている子供に多く症状が出ます。 スポーツを継続しながらの治療を行いますが、重症であれば一時安静にすることをおすすめします。

テニス肘(上腕骨内・外側上顆炎)

テニス肘

テニス肘の原因は、テニスのストロークを繰り返し行ったことで肘が痛くなる障害ですが、最近ではスポーツに関係ない 家事やパソコン操作などにもよって発症しています。 重症化すると、ドアを開ける時やタオルを絞る時になどに強い痛みが走り、力が入らなくなることもあります。

ランナー膝(腸脛靱帯炎)

ランナー膝とは、ランニングが原因で起こる膝関節周辺のスポーツ障害の総称で、さまざまな障害があります。 膝の外側に痛みを感じ、鈍痛のようなものからだんだん圧痛に変わり、重症化すると歩くだけでも強い痛みが走ります。 原因は様々で、過剰なランニング時間、ウォームアップが足りない、シューズが足に合っていない、路面が硬いなどが上げられます。 自分の体力に見合った運動量で、ウォーミングアップやストレッチ、クールダウンに十分な時間をとることが大切です。

シンスプリント

シンスプリントは、運動している時や運動後にスネの内側に痛みが出る症状です。 スポーツをしている人でシンスプリントになる人は多く、特にスポーツや部活を始めたばかりの人に症状が出やすいという特徴があり初心者病ともいわれています。 スポーツの初心者は筋肉がないにもかかわらず使い過ぎることで、シンスプリントになるという考えもありますが、経験豊富なアスリートでもシンスプリントの症状が出るのが現状です。 原因として、足首の関節 股関節の動きの異常、練習量の増加やフォームの悪さなどがあげられます。 痛みが出ているにもかかわらず走り続けていると、疲労骨折を起こし長期間の休養をせざるをえない場合もあります。 発症より長期間経過すると、治りが悪くなるので早めに治療することが大切です。

スポーツ外傷

スポーツ外傷

スポーツ外傷とは

スポーツ中での転倒や接触などによる突発的な怪我は、スポーツ外傷と呼ばれ、捻挫や打撲、骨折や脱臼を言います。

捻挫

捻挫

スポーツや日常生活の動作中に、不自然な外力により手首や足首の関節が可動範囲を超える動きをした際に発生する代表的な外傷です。 受傷した場所や靭帯の損傷具合により痛みは様々ですが、骨と骨との間の関節部分に傷つくので内出血が起き、患部は腫れあがってきます。 手首、足首の捻挫が最も多いのですが、突き指、ぎっくり腰、むち打ちも捻挫の一種です。

打撲

転倒や他人との接触、何かにぶつかるなど、外部からの強い衝撃を受けた時に発生する傷口を伴わない軟部組織の損傷をいいます。 皮下出血・腫れ・痛みなどの症状が現れ、内出血を併発する事がほとんどです。

挫傷(肉離れ)

走ったり、ジャンプしたりする瞬発力を要する動作中に多く発生し、原因は 筋肉疲労や柔軟性不足、筋力のアンバランスなどと言われています。 軽い肉離れなら自力で歩行可能ですが、重症の場合、強い痛みでその場から一歩も動けなくなることもあります。 肉離れを起こした部位は繰り返し再発することが多いため、注意が必要です。

骨折

骨折

強い外力が加わることで、骨が部分的または完全に離断された状態を言い、痛みと腫れを引き起こします。 その状態により、完全に折れた場合は完全骨折、ひびの場合は不全骨折、その他に閉鎖骨折、開放骨折など 様々な名前がついています。 アスリートの方によくある疲労骨折は、小さな外力が連続的に加わり骨折に至るものを言います。

脱臼

脱臼とは、骨の位置が関節からズレてしまった状態のことを言います。 全脱臼の60%以上は肩で、ラグビーや柔道、スキーやスノーボードといった転倒する競技に多く見られます。 生まれつき関節にゆるみのある人は、さほど大きな外力がかからなくても肩がはずれることがあります。 この場合、はずれてもすぐに戻りますがまた外れる事が多く、「脱臼クセ」がつきやすくなります。 脱臼をした場合には、後遺症を残さないことも考慮すると一刻も早く整復する事が大切です。


  • 中島通接骨院
  • 0561-72-0015