むち打ち症、交通事故後の後遺症、肩こり・腰痛などお気軽にご相談ください。

  • 一宮市中島通1-4 電話番号0586-25-0035

ブログ

大腰筋のストレッチング YouTube#1

  • 2020年07月07日

YouTubeチャンネル「中島通接骨院チャンネル」を開設しました。

ストレッチングトレーニングなどをご紹介していく予定です。

是非チャンネル登録してください。

よろしくお願いいたします!!

 

最初にストレッチングの動画を8種類あげます。

まずは「大腰筋のストレッチング」です。

大腰筋は、人間のカラダで唯一骨盤をまたぐ筋肉です。

大腰筋が硬いと反り腰の原因となることもあります。

左右で差があることも多いので、チェックしておくと良いです。

 

ストレッチングは左右それぞれ30秒が目安です。是非やってみて下さい。 

 


新しいシャフトを導入しました。

  • 2020年07月03日

こんにちは😃
中島通接骨院です。

新しいウエイトリフティング用のシャフトを導入しました🏋️‍♂️🏋️‍♀️
台湾のジムウェイという会社のものですが、ローレットの具合やシャフトの回転等、申し分ないです✨✨

 

当院はウエイトリフティングの指導もできる接骨院です。

ご興味ある方は是非ご来院下さい。

体験もできます☆


四日市市総合体育館でトレーニング

  • 2020年06月30日

四日市総合体育館に行って来ました🏋️‍♀️

 

来年、三重県で開催される国体のために造られたそうで、とても綺麗な施設でした。

 

オリンピックにも採用されているウエサカのシャフト、プレートがあり、数少ない落とせる施設です。
他にはハンマーストレングスのマシンもあり、本当に羨ましい環境でした ‼

 

現在は三密を避けるため、時間と人数の制限がありました。
また、更衣室、ジムにも消毒液等が準備されていました。

 

とても素晴らしい施設なので、ご興味ある方は是非‼️
公共の施設なので使用料も安いです😊

 


オーダーメイドインソール、好評です!!

  • 2020年06月15日

こんにちは。

一宮市の中島通接骨院です。

昨年の秋から取り扱いを始めたオーダーメイドインソールですが、

おかげさまで好評です!!

当院のオーダーメイドインソールは、義肢・装具・インソール・福祉用具 製造販売会社ピーオーワークスアシスト株式会社様とのコラボレーション商品となっております。

 

 

 

 

自転車競技野球サッカー陸上スキーなど様々な競技をやっている方やウエイトトレーニングをやられている方などが当院でオーダーメイドインソールを作っています。

また外反母趾膝の痛みなどでお悩みの方もオーダーメイドインソールにより症状が緩和しています。

インソールは靴を履いているだけで無意識に運動連鎖を正しくすることができます!!

外反母趾、うおの目、内反小趾、扁平足、膝や股関節・腰の痛み、肩凝りなどの症状でお悩みの方、姿勢の改善やスポーツのパフォーマンス向上を目指す方などにおすすめです(^o^)

オーダーメイドインソール気になる方は是非当院にお越しください!!


姿勢と肩の位置

  • 2020年04月14日

肩下がり。

肩上がりかもしれませんが、肩下がりの方が圧倒的に多いです。

後ろからみると分かりやすいのですが、肩の位置(肩峰、肩甲骨下角)が下がっていることがあります。

肩甲骨を支える筋肉の力が弱くなっているかもしれません。

 

肩甲骨を支える筋肉には前鋸筋があります。

じゃあ前鋸筋のトレーニングをするぞ!ではありません。

トレーニングの前に本当に前鋸筋のせいなのかを確認する必要があります。

簡単なやり方で、立ったときと座ったときで肩の高さを見ます。

肩の位置が変わらなければ下半身由来ではないといえます。

次に、お姉さん座りをして脇腹の筋肉のカタさをチェックします。肩が下がっている側の脇腹がカタい場合は前鋸筋のせいではなく、脇腹の筋肉のせいかもしれません。

それらを除外できたらいよいいよ前鋸筋のトレーニングだ!

ではありません。

 

まだあります。

もしかしたら前鋸筋を支配する神経の通り道が邪魔されてるかもしれません。

前鋸筋の支配神経は長胸神経です。

長胸神経は腕神経叢から起こる神経で、腕神経叢は前斜角筋と中斜角筋の間を通ります。

なので前斜角筋と中斜角筋をストレッチング等で緩めると肩甲骨の位置がいいところにくることがあります。

なぜ肩の位置が下がっているのかを確認してからにした方が努力の無駄打ちをしなくて済みます。

 

 


当院の感染対策について

  • 2020年04月07日

こんにちは。

中島通接骨院です。

 

当院では、皆様に安心して施術を受けて頂くために

細心の注意を払って感染対策に取り組んでいます。

 

今後暫くご来院に際しまして以下のお願いがございます。

※必ずマスク着用でお越しください。

※発熱等体調不良のある場合はご遠慮下さい。

※受付に手指用のアルコール消毒を設置しておりますので必ずご利用下さい。

当院でも

・患者さんごとにベッドや院内、器具等の消毒

・スタッフのマスク着用、手洗いの徹底

・定期的な換気

・余裕を持った予約システム

など感染対策を徹底しております。

 

ご理解、ご協力の程よろしくお願い致します。


肩甲骨の動き足りていますか?

  • 2020年04月07日

肩甲骨周りの筋肉がやわらかいと、肋骨と肩甲骨の間に指が入ります。

コツをつかむと四つ這いをしたときに肩甲骨を立てることも出来ます。

すごい人だと表を焼いて、裏を焼いて、横を焼くようなステーキみたいな感じになります。

肩甲骨から起始する筋には、

僧帽筋、大菱形筋、小菱形筋、前鋸筋、小胸筋、肩甲挙筋、肩甲下筋、烏口腕筋、三角筋、棘上筋、棘下筋、小円筋、肩甲下筋、広背筋、上腕三頭筋、上腕二頭筋、肩甲舌骨筋があります。

手のひらくらいの小さな骨にこれだけの筋が付きます。

 

過密ダイヤの駅みたいです。

 

最近は肩甲骨の立て方を聞かれることが多くなりました。

立甲とも呼ばれています。

 

肩甲骨を立てるためには、少なくとも肩甲骨に付着する筋やわらかい方が良さそうです。

肩甲骨内側には大菱形筋、小菱形筋、前鋸筋があります。

 

内上方には肩甲挙筋。

 

上方には僧帽筋中部線維があります。

外側には大円筋、小円筋などがあります。

下方には広背筋があります。

他にもありますが、肩甲骨と胸郭に付着する筋は大菱形筋、小菱形筋、前鋸筋です。

その他の筋は脊柱、鎖骨、上腕骨に付着があります。

 

絶好調に肩甲骨を動かそうと思うと、肩甲骨と胸郭に付着する筋だけでなく、胸郭以外に付着する筋やわらかさも必要になってきます。

 

肩甲骨は大砲を打つ時の土台に例えられることがあります。

大砲の先が向いた方と土台の向きが一致しないと飛んでいく玉はしょぼそうです。

そして筒と土台の連結部には負担がかかりそうです。

 

その他にはボートの上から大砲を撃つ時に例えられることもあります。

土台が不安定だと玉は飛ばないという意味です。

 

人間の身体でも同じようなことが起こります。

肩甲骨がオートマチックに上腕骨の動きを追従することによって強い動きを可能にし、連結部(肩甲上腕関節)への負担を減らすことができるといえます。

肩の痛みがあるとか、思うように力が伝わらない感じがする方は一度肩甲骨の動きを見直されてはいかがでしょうか。

 


オーダーメイドインソール!!おすすめです。

  • 2020年01月18日

こんにちは。

一宮市の中島通接骨院です。

昨年の秋から取り扱いを始めたオーダーメイドインソールですが、

おかげさまで好評です!!

自転車競技野球サッカー陸上スキーなど様々な競技をやっている方が当院でオーダーメイドインソールを作っています。

また外反母趾膝の痛みなどでお悩みの方もオーダーメイドインソールにより症状が緩和しています。

 

インソールは靴を履いているだけで無意識に運動連鎖を正しくすることができます!!

外反母趾、うおの目、内反小趾、扁平足、膝や股関節・腰の痛み、肩凝りなどの症状でお悩みの方、姿勢の改善やスポーツのパフォーマンス向上を目指す方などにおすすめです(^o^)

オーダーメイドインソール気になる方は是非当院にお越しください!!

 

※詳しくはこちらのブログをご確認下さい。

オーダーメイドインソールの取扱いを始めました!!


投球数と野球肘

  • 2019年12月24日

令和元年12月22日に東海野球障害研究会に参加しました。

どのご講演も面白いものばかりでしたが、特に印象に残ったのがドミニカの野球肘検診についてのご講演でした。

ドミニカといえば多くのメジャーリーガーを輩出している国ですが、人口は約1000万人と大きな国ではありません。

なぜ多くのメジャーリーガーを輩出できるのか、ご講演を聞く中で大いに納得できることが多くありました。

 

野球肘と言えば野球をやってる人の多くが経験します。特に悲しいものが外側型の野球肘です。

ドミニカはなんと0だと。ちなみに指導者の喫煙も0だったそうです。

野球肘の癌ともいわれる外側型の野球肘ですが、副流煙との関係が以前から言われています。

なぜ癌といわれるかとかというと、初めは痛みがなく進行し気付いた時にはかなりやばい状態という意味で使われています。

たばこの煙で血流が悪くなり軟骨の成長障害がおこると言われています。

指導者の方におかれましてはぜひともやめて頂きたいことの一つです。

 

他には肩周りの柔軟性においては日本の球児の方が柔らかかったと。

柔軟性は関係ないという話でもなくて、やっぱり柔軟性は障害予防やパフォーマンスの観点からみてもあった方がいいのですが、何よりも圧倒的に投球数が日本の野球少年に比べて少なかったそうです。

投げなければ障害を防げるのであれば誰でもできます。

是非投球数を減らして欲しいものです。

そんなこと言ったら上手にならないじゃんという声も聞こえてきそうですが、少ない投球数でも上手くなっているのがドミニカの球児です。

工夫をして下さい。

 

面白いことにドミニカの少年はピッチャーをやりたがらないそうです。

肩肘を傷めると将来稼げないからです。

そうなんです。

あなた方が抱えている野球少年は将来プロになるかもしれないのです。

恐ろしくてガイドラインから外れたことなどできるはずもないと思うのですが。

 

使用しているボールは大人のボールも混じっているそうです。

おさがりを使用しているということです。

このことからも軟式、硬式、ボールの重さというよりはやっぱり投球数が関係してるというように理解しました。

今日からでもできます。

練習しすぎはろくな結果になりません。

 


女子プロ野球の選手が来院されました。

  • 2019年10月16日

今日は女子プロ野球愛知ディオーネ久保夏葵選手松谷比菜乃選手が来院されました。


明日の試合頑張ってください💪

 
 
 


  • 中島通接骨院
  • 0561-72-0015