筋肉は衰える?!トレ...|一宮市 交通事故・スポーツ傷害・肩こり・腰痛

むち打ち症、交通事故後の後遺症、肩こり・腰痛などお気軽にご相談ください。

  • 一宮市中島通1-4 電話番号0586-25-0035

ブログ

筋肉は衰える?!トレーニングの必要性

  • 2017年01月24日

  筋肉は30歳から50歳までは年間約220グラム落ちていくといわれています。

50歳から60歳は年間約450グラム落ちていくといわれています。

 

トレーニングの習慣のない人で、「わたし若いころと体重変わってないわっ」

とドヤ顔でいう人がいたら、もしかしたら筋肉が減った分脂肪が増えているのかもしれません。

 

こわいですね。

 

では、何がなくなるのかというと遅筋線維より速筋線維の方がたくさんなくっていきます。

ウェイトトレーニングで主に鍛えたいのは速筋線維です。

マラソン愛好家はいかにも足腰が強そうですが、60歳以上のマラソン愛好家と何もしていない60歳以上の人とで速筋線維の量を比較したら変わらなかったそうです。

距離を走ってない人たちを集めたんでしょ?って文句を言われそうですが、平均で月間234㎞走る人達だそうです。

これを見ると有酸素運動は速筋線維を刺激するのには不適切といえそうです。

 

速筋線維は重たくなくても刺激できると近年ではいわれていますが、

時間的な効率を考えると重たいものを持った方がよさそうです。

 

皆さん僕とトレーニングをされるときに「重たっ」といいますが、重み重いは僕のなかでは使い分けてます。

少しわかりにくいかもしれませんが、筋肉に適切な刺激が入るのが重いで、

重みはなにを持ったって重みはあるってことで使い分けてます。

ウォーミングアップで重みを感じて身体を慣らしてメインセットで重いのをやるという感じです。

 

どうせなら効率よく鍛えたいですよね。

中島通接骨院では、個人に合わせたプログラムを提供します。

いくつになっても健康的な身体を手に入れましょう!

%e3%83%80%e3%82%a6%e3%83%b3%e3%83%ad%e3%83%bc%e3%83%89-8

 



  • 中島通接骨院
  • 0561-72-0015