その他|一宮市 交通事故治療・スポーツ傷害・肩こり・腰痛

むち打ち症、交通事故後の後遺症、肩こり・腰痛などお気軽にご相談ください。

  • 一宮市中島通1-4 電話番号0586-25-0035

ブログ

暑熱馴化

  • 2018年08月09日

すっかり外で運動をすることがなくなったワタクシですが、それでもたまにはするので暑さに強いにこしたことはありません。

涼しいところでばかり運動をしていると、外だと力を発揮できない人になっているなんてことも。

脱水、深部体温の上昇、心臓血管系へのストレスなど、様々な要因がパフォーマンスを低下させます。

今日は熱馴化について書いてみたいと思います。

 

熱馴化で得られるものは血漿量が増大があります。その結果1回抽出量が増え、心拍数の上昇を抑え心臓血管系へのストレスを減らすことができます。

また、汗のかきかたが変わります。これは発汗率と発汗感受性の向上によるものです。

 

少々の暑さであれば、汗をかくまでもなく、皮膚への血流量が増えることで熱を放出できますが、運動中ともなるとそうはいきません。

そんな時にタイミング良く多くの汗がかけるようになり、効率よく熱を放出できるようになります。

 

熱馴化によるホルモンの変化は、水とナトリウムのバランスにも変化を生じさせます。

アルドステロンという腎臓からのナトリウム排出を抑制するホルモンの働き発汗によるナトリウムの減少を最小限にすることができます。

バソプレシンという腎臓での水の再吸収を促進するホルモンの利用率の増加尿による水分損失を減少させ体液を節約することができます。

これらは血漿量を増やし、心臓血管系と温度調節の効率を高めます。

 

暑熱環境での運動は、発汗や脱水による血漿量の減少で心拍数が増加するため心臓への負担が増えます。

熱馴化が出来ている人は出来てない人よりもこういった理由からも有利と言えます。

 

どうやって?

 

暑熱環境下では疲労が増大し、高強度の運動中のパワーは低下します。

 

例えば自転車なら、

心拍計の数値は高くても実際には大してワットが出てないなんてことも起こります。

暑い所でトレーニングをしてもすぐに疲れるし大してワット出てないしと、必要な体力要素を刺激できてないなんてことも。

また、涼しい所のトレーニングだけでは暑い所でトレーニングしたらしんどすぎて終了…ではいけないので、涼しい所で高強度、暑い所で低~中強度なんて組み合わせが良いかもしれません。

平日はローラーで高強度の日を設け、週末はサイクリングくらいの組み合わせか、もしくは競技者の方は自走で行ってチームのみんなと早い時間に高強度、帰りはチンタラ暑い中を帰ってくるなんてのもありかもしれません。

命がかかっているので、暑い日は運動しないという選択肢はもちろんありです。


「ピーキングのためのテーパリング」

  • 2018年04月10日

週末に河森博士「ピーキングのためのテーパリング」セミナーに参加してきました。

 

多くのアスリートが試合当日に最高の状態に持っていきたいと思っているはずですが、

なかなか上手くいってないの現実だと思います。

 

疲れを抜くために練習量を減らしすぎて当日動けなかったり

または試合当日がひどく疲れた状態であったり。

 

疲れていてもパフォーマンスが高ければ問題ないのですが、そこら辺のさじ加減というのが非常に難しいですね。

 

少なくともやらかさないための戦略があって、それらを学んできました。

 

よく知られている超回復理論

まだまだ聞きなれない方も多いフィットネス‐疲労理論についても詳しく説明がありました。

 

なかなか接骨院の仕事で競技をやっている人の練習に口を出せるものではないので、

是非お買い求めになってお読みになるといいと思います。

 


「足から捉える歩行分析」

  • 2018年03月19日

昨日は入谷式足底板岩永先生「足から捉える歩行分析」セミナーに参加してきました。

様々な運動器の障害の治療で行われている運動学習ですが、歩き方が悪かったら元に戻ってしまうこともしばしば。

それを防ぐためにも患者さんには色々お伝えはするものの、普通は忘れてしまうし、そもそも歩行足によって決まってしまいます。

 

決まってしまいますが、足底板を使用することで無意識的な正しい運動学習、そしてその効果を長期記憶へと移行させることができます。

痛む箇所があった場合、局所への治療はもちろんするし運動学習をしている人も多いですが、治療時間以外でも足底板があれば靴を履いている時が運動学習をしているともいえます。

 

歩いたり走ったりしない競技の人でも歩かないで生活している人はいないし、上手に歩けなくて競技動作だけ上手いというのもありません。

立たずにやる競技はその限りではないかもしれませんが、歩行で負担をかけて競技動作でさらに悪くというのはよくあります。

特に私のような四十路だと顕著にでます。

 

競技を長く楽しむためににも足底板の使用をお勧めしています。

もちろん競技をしてなくても使った方がいいです。


「野球肩・野球肘の診かた・治し方」

  • 2018年03月12日

昨日はBC PROJECTさん主催の愛知医大 岩堀先生のセミナーを受講させていただきました。

今回の講演テーマは「野球肩・野球肘の診かた・治し方」でした。

 

以前に岩堀先生が元プロ野球選手の桑田さんに長く現役を続けられた理由を聞いたところ、「他の有望な選手が脱落していった」といっていたそうです。

これは他の選手がケガのため野球を続けることができなくなったことを意味しています。

岩堀先生のところにも連日、肩や肘に傷めた選手が訪れるそうです。

投球フォームの不良に起因するものももちろんあるのですがオーバーユースコンディション不良(不良姿勢や筋力、柔軟性不足)に起因するものも多く見られるようです。

 

そんなに難しい方法でなくてもケガを予防する方法はあります。

せっかくの才能をいかんなく発揮するためにも日頃のケアを怠らないようにしたいものです。


フランクリンメソッド

  • 2018年02月27日

2月25日(日)にパーソナルトレーニングスタジオnanoさんで行われたフランクリンメソッドのワークショップに参加してきました。

このメソッドは著名なダンス指導者など、動きのプロたちが取り入れているメソッドです。

シルクドソレイユの方もやってるそうです。

 

フランクリンメソッドは、解剖学を基に、それを身近なものに置き換えたり、

様々な小道具を使い五感を使って学べるシステムです。

 

私の趣味のウェイトリフティングに活かせないかと思ったのも受講の理由の1つでしたが、

冒頭に先生がウェイトリフティングの選手も取り入れていると仰ってて、「そいつらセンスいいやんけ」と思うと同時に「もっと早くやればよかった」とも思いました。

 

日常の施術で考えると、患者さんは他動的によくなろうとするのではなく、

自分で変わろうと思って動くことでより効果がでるメソッドといえます。

 


ムーブメントファンダメンタルズ

  • 2018年02月13日

2月10、11、12日はムーブメントファンダメンタルズでした。

img_5472

パワフルにかつ効率的に移動するために、状況に応じた技術を用いて達成する技術を学ぶものです。

 

Position, Posture, Feet, PUSH

走る、曲がる、止まる動きの基礎を学ぶことで、自分自身に出来てない動きが多々あるのに気づきました。

これを分かってやってる競技者は少ないんではないかと。

 

出来てる人はできてます。

 

僕は出来ていませんでした。

ここにも上手いプレーヤーとの差があるんじゃないかと。

 

知らずに出来ている人と、知れば出来る人。

知っても出来ない人もいるけど。

 

教える側がそもそも知らないのは罪だなも。

 

知れば出来る人は救われてほしい。

 

出来ない人も動きを知るのは楽しいです。

野球をテレビで観てるおっさんでも。

 

運動指導者には必須の内容でした。

 

 

 

知らずにスポーツに取り組むなんて恐ろしいといえるくらいのものです。

 

3日間で20時間、頭と身体を使いまくりました。

 

ヒップヒンジの大切さも再確認しました。

 

そうです。筋トレしろってことです。

20151116_34541

 

 

 


テクノシックス

  • 2018年02月08日

当院ではテクノシックスという高周波による施術をしています。

高周波療法とは高周波電流によって、生体内のイオンを運動させてジュール熱を発生させます。

ジュール熱が発生し、生体内温度が上昇すると、副交感神経が働き血管拡張が起こります。

 

これによりリラクセーション効果で軟部組織の緊張が落ちます。

軟部組織の緊張が落ちることにより、関節可動域の改善が出来ます。

緊張している軟部組織は、発痛物質や疲労物質の滞留による痛みや不快感を感じますが、

循環が改善することによって滞留をなくすことが出来ます。

温かさを感じることで精神的にもリラックスすることができ、緊張感を緩和することができます。

 

キャパシティブモードでは筋、リンパなど水分の多い組織に効果的に働きかけることができます。

体表に近いところへの施術ができます。

 

レジスティブモードでは骨、軟骨、腱などの水分の少ない組織がコンデンサーとなり、より深部への施術が可能となります。

 

ご興味ある方は、是非当院までお越しください。

img02

 

 


テンセグリティ構造 

  • 2018年01月24日

テンセグリティとはtension(張力)integrity(統合)の造語です。

1960年代にバックミンスター・フラーさんによって使われ始めたそうです。

張力によって物体を統合して均衡を保っているという様な意味です。

筋骨格にアプローチする職業の人なら聞いたことがあると思います。

骨は支えがないとバラバラになって立つことも出来ません。

これを支持するものが皮膚、靭帯、筋などの軟部組織です。

これらの連続する張力で重力に抗い動くことが出来ます。

71qy-ecqhzl-_sy355_

模型の一部を押すと模型全体がたわみ離れたところにゴムがたるむ箇所が出てきます。

たるむ箇所痛みの出ている部位だとすると、たるんだ箇所にアプローチしても意味がないということがわかります。

人体をテンセグリティ構造に見立て、1つの問題が全身に波及するということを頭に置いておくとアプローチのヒントが得られる

かもしれません。

imgrc0066410455

 

 

 


新年明けましておめでとうございます

  • 2018年01月04日

新年明けましておめでとうございます。

お正月休みもあっという間に終わり、本日から仕事始めです!

 

本年も“一人でも多くの方に健康な身体で楽しく毎日を送っていただきたい”という気持ちで施術、トレーニング指導に励んでまいります!!

 

2018年も皆様にとって素晴らしい年となりますように。

本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。 

 

450-20171029113549215723


水曜日の受付時間の変更について

  • 2017年12月26日

 

来年1月より水曜日の受付時間変更になります。

<変更前>

午前:9時~12時  午後:お休み

  

<変更後>

午前:お休み  午後:16時半~21時

他の曜日は変更ございません。

ご迷惑おかけしますが、よろしくお願い致します。

 

***★***★***★***★***★***★***★***★***

早いもので今年も残すところあとわずかとなりました。

皆さまにとって今年はどんな年だったでしょうか?

当院は地域の皆さまに支えられ、良い一年を過ごすことができました。

来年もさらに精進してまいります!

2018年もよろしくお願い致します。

皆さま、良いお年をお迎えください(^^)

 

images-19

 

 

 



  • 中島通接骨院
  • 0561-72-0015