膝の痛み|一宮市 交通事故・スポーツ傷害・肩こり・腰痛

むち打ち症、交通事故後の後遺症、肩こり・腰痛などお気軽にご相談ください。

  • 一宮市中島通1-4 電話番号0586-25-0035

ブログ

膝の痛み

  • 2019年06月18日

高齢者が膝の痛いときに多いものに変形性膝関節症があります。

中年以降の年齢層ではX線検査をすれば25~40%の人に変形があるといわれています。

変形性膝関節症の主な病態は関節軟骨の摩耗や変性ですが、一次性のもの(外傷や感染などの既往がない)が大部分を占めます。

一次性の原因にはO脚などの変形に伴う関節に加わる外力の増加や、肥満、筋力低下などがあげられます。

繰り返しの外力により徐々に悪くなるものといえます。

膝関節の内側が痛い人の歩行の特徴に、立脚相で膝が外側に動揺して内反が強くなるlateral thrustがあります。

また、多くの患者に股関節の内旋制限があり、膝関節がその影響を受けて悪くなっているものもあります。

また下腿は外旋位を取るものが多くみられます。

ただし、すべてがそうとは限らないので、治療のアプローチも一人ひとり違ったものになります。

実は変形は治りません。

じゃあ一生痛いの?ってわけでもなくて変形があるせいで正常な関節運動にはなりにくいかもしれませんが、正常な関節運動に近づければ痛くなくなることもあるのでそれを目指します。

 

アプローチとしてですが膝だけを見ててはなかなか良くなりません。

上下の関節(足関節、股関節)、上半身など全身を見る必要があります。

歩行時に最初に地面に接地するのはです。

入りが不味ければその後に影響が出ます。

なのでまずは

その足を運んでくるのは反対側の足(脚)なのでそちらもみる必要があります。

ただ、なにせ荷重がかかる部位だし意識してどうこうなるものではないのでインソールを使うのが良いでしょう。

 

次に膝ですが、膝が伸びない、下腿が回旋しているなどのマルアライメントを修正することも当然必要です。

膝関節そのものへの局所的なアプローチもしますが、膝関節をまたぐ筋はほとんどが骨盤に起始があります。

なので骨盤周囲の筋の機能へのアプローチも必要です。

 

次に上半身ですが、なんで上半身?って感じですが歩行は下半身がロコモーター、上半身はパッセンジャーに例えられます。

飛行機や車でお客さんが偏って乗ってたら車体には負担がかかりますよね的な話です。

上半身が前かがみ、のけ反っている、左右どちらかに傾いているなども下半身への負担を増やすのでそれぞれが良くなるようにします。

 

結局は全身みましょうということです。

 

 

 


ランニング愛好家の膝の痛み(腸脛靭帯炎)

  • 2019年04月25日

腸脛靭帯炎はランニングをする人に多いスポーツ障害であり、腸脛靭帯と大腿骨外側上顆との間で摩擦が起こり、腸脛靭帯・その深層の滑液包に炎症を起こす疾患であると考えられています。

滑液包なんてないという報告もあるのですが、僕ではわからないし、選手にはそれほど重要なことでもないのですが、脂肪体の炎症と考える報告もあるそうです。

腸脛靭帯は大腿外側を被う筋膜が肥厚した部分で、靭帯という名前はついているものの他の靭帯とは違います。下腿の外旋により弛緩し、内旋により緊張します。また膝関節伸展・内反ストレスによる外側関節烈隙が開くのを制動し、lateral thrust(外側への動揺性)に対する動的安定機構として作用します。なので横方向への動揺が大きい歩き方をしている人の腸脛靭帯は緊張が高かったりします。

腸脛靭帯炎の発症には腸脛靭帯自体の緊張の高さが関与します。

腸脛靭帯の緊張に関する機能的な要因としては、アライメントに異常があるために起こる緊張があります。これに対してはインソールによるアライメント修正が手っ取り早いです。

足部のアライメントで考えた場合、回外足では足関節は内反位となるため足関節内反筋群が過緊張の状態になります。そのためknee-out toe-inのパターンが多くみられます。また、荷重が外側にかかる傾向にあるため、側方への動揺性を制御するために大腿筋膜張筋が過剰に働き、結果緊張が高くなり痛みが生じやすくなります。

 

腸脛靭帯は膝の進展屈曲に伴って前後に移動します。その時の摩擦で起こるのです。膝関節を伸ばすと腸脛靭帯は外側上顆の前方に位置し、膝を曲げるにつれて、腸脛靭帯は外側上顆を乗り越えながら後方へ移動していきます。腸脛靭帯は股関節の内転により緊張し、外転により弛緩します。ざっくり言うと脚を閉じているときの方が緊張がたかくなります。また膝関節を伸ばすと後方部は緊張し、前方部は弛緩します。

ランニング動作では、膝は屈曲位で接地した後、衝撃を緩衝するためにさらに膝が曲がります。その後、膝伸展運動により、重心を持ち上げ、足が離れる直前から膝が曲がり始め、足を振り上げます。その後、足を振り出し足が再び地面に接地します。このように、1ランニング周期中に2度膝の曲げ伸ばしがが行われます。そのため、ランニングで膝の曲げ伸ばしが繰り返されることによって、腸脛靭帯と大腿骨外側上顆の間に大きな圧縮力・摩擦力が生じることになります。

自転車競技でも膝は繰り返し曲げ伸ばしされるので負担がかかってなくはないですが、側方への制動をする必要はランニングほどでもなく、痛くなった場合は普段の姿勢・動きを見直すとよいでしょう。

大腿筋膜張筋と筋連結がある外側広筋は、大腿外側部を広く覆い大腿筋膜に覆われています。腸脛靭帯の緊張が高くなれば、大腿筋膜の緊張も高くなり、それにともなって外側広筋の緊張も高くなります。

なので筋連結を考慮したコンディショニングをする必要があります。

また筋緊張を起こさせないために正しいフォームを身につける、そのための静的・動的アライメントの改善、そのためのインソールとオチはインソールということでした。

 

 


骨盤~股関節~膝関節~足関節

  • 2019年03月06日

骨盤には30個以上の筋肉が付着しています。しかも片側です。

なので左右で60個以上ということです。そのまんまですが。

この骨盤に付着する筋肉のどれかが硬かったり弱かったりすると姿勢に影響します。

理想はどの筋肉もやわらかくて強いです。

また、膝関節をまたぐ筋肉は骨盤から始まっているものが多いです。

なので骨盤周囲の筋肉を整えることで膝の調子が良くなることは多いです。

よく電車のダイヤで例え話をするのですが、骨盤は名古屋駅、膝関節は一宮駅みたいな。

一宮で駆け込み乗車しても名古屋で事故で止まっとるやんけみたいな。

元が整ってないと末端だけ見ても良くはなりませんよと。

もちろん膝のさらに先、足関節や足部の影響も受けています。

最低上下の関節をみることが必要です。

そこで威力を発揮するのがインソールす。

最初から使った方が早いといえるでしょう。

さらに膝は上半身の影響も受けています。

よく下半身は飛行機、上半身はお客さんに例えられるのですが、お客さんが一方に固まって乗っていたら飛行機はバランスが悪いです。

同じ様に使ってるつもりでも片方だけ痛みが出るのは、何か偏りがあると考えるのが普通です。

それが上半身かもしれないし足かもしれないし骨盤かもしれないし。

骨盤から下に行く筋肉もあれば骨盤から上に行く筋肉もあります。

唯一骨盤をまたいでいるのは大腰筋です。

いつか書くかも。

骨盤だけで語るのはもちろんダメです。

木を見て森を見ずにならないようにしていきたいものです。

 


膝の下が痛いとき

  • 2018年09月04日

膝の下が痛いとき、オスグッド‐シュラッター病というものがあります。

 オスグッド‐シュラッター病膝蓋腱付着部の脛骨粗面の骨端炎で、スポーツを行っている中学生や高校生の男子(特にジャンプを多用するもの)に多く、接骨院でもよくみる疾患の一つです。

発症原因として、成長期に膝脛骨粗面に働く牽引力が脛骨粗面部の骨端軟骨に骨化障害を起こすものと考えられています。1903年にOsgoodさんとSchlatterさんにより報告されました。

 

 症状は脛骨粗面の膝蓋腱付着部に一致して圧痛があり、脛骨粗面部の膨隆がみられます。ランニングやジャンプ、階段の昇降など、大腿四頭筋を収縮させ膝蓋腱に牽引力が働く動作で痛みが出ます。また正座を行うと脛骨粗面が圧迫されて痛みが出ます。

 脛骨粗面の軟骨には1~2個の骨化核が出現し成長し、その後脛骨上端の骨端核と癒合します。この部の骨端線が癒合するのは18歳ごろであり、このころに症状も消失することがほとんどです。たまに脛骨粗面の隆起が残存するものがあります。

 

 保存的治療で十分で、手術になるのはまれです。発症時期は成長期に限定的で、運動を行いながらでも裂離骨片の癒合が得られることがほとんどです。治療開始時に筋の柔軟性が低下していた人ほど運動療法による効果が高いです。カタくて徳することはほとんどありません(涙)。柔軟性が高ければならないってものでもないですが。

治療の主体は脛骨粗面に加えられる牽引力を減少させることで、ひとまず膝の屈伸運動や激しいスポーツは中止します。サポーターや膝蓋腱の圧迫バンドも安静にするために効果があります。大腿四頭筋の柔軟性の改善により、早期のスポーツ復帰が可能となることが多いですが、大腿四頭筋の柔軟性が改善したにもかかわらず疼痛が残存する場合には、股関節や足関節がカタくて膝関節屈曲トルクを増大させていることもあるため、あわせてみておくことが必要です。

 

正しい動作(ヒップヒンジ等)で膝の前面にかかる負担を軽減させることが大切です。柔軟性が高いのに症状が強い人は動作に問題があるのかもしれません。インソールで動作を誘導するのも効果があります。

 

インソールウエイトトレーニングは障害予防にめちゃめちゃいいです。


成長期の膝の痛み

  • 2017年05月25日

成長期の膝の痛みで有名なものにOsugood‐Schlater病があります。

 

Osgood-Schlater病は脛骨粗面部に生じる骨端症のことをいいます。

脛骨粗面部に加わる機械的ストレス(牽引力)が原因とされています。

 

治療は大腿四頭筋の柔軟性の改善を図りますが、

柔軟性が高いのに痛みが残る場合は身体の使い方(使われ方)に問題が

あることもあります。

%e3%83%80%e3%82%a6%e3%83%b3%e3%83%ad%e3%83%bc%e3%83%89-2

 

 


膝の痛み

  • 2017年04月11日

膝の痛みで悩む方は多いですが。

なにせ体重のかかる関節なので常にメカニカルストレスにさらされています。

そのメカニカルストレスを減らすため必要なことと言えば体重を減らすことですが、

一日に何キロも落ちるものではないです。

太ってるって言ってるみたいで減らせとはなかなか言えないし。

 

その場で負担を減らすためにできることは正しい動作をするということですが、

御本人は正しいというか普通の動作をしているおつもりでいることがほとんどです。

けど実際には足首、膝関節、股関節、体幹部等結構不安定な動きになっています。

膝関節は足首、股関節の間にある関節なので両方の影響を受けます。

 

足首、股関節の状態を良くすることで膝の状態も良くなっていくことが多いです。

安静にして炎症がおさまったとしても足首、股関節の状態が悪いとまた痛くなることもあります。

%e3%83%80%e3%82%a6%e3%83%b3%e3%83%ad%e3%83%bc%e3%83%89-8


成長期の膝の痛み

  • 2017年03月22日

小学校高学年から中学校の成長期に起こる脛骨粗面の部分的な剥離のことをOsugood‐Shlatter病といいます。

ジャンプの着地などで骨盤の前傾がおこなわれなかったり、

足関節の背屈が十分に行われなかった場合、

大腿四頭筋による脛骨粗面部への牽引ストレスが大きくなり

引き起こされるとされています。

大腿四頭筋の柔軟性を確保することと、骨盤、股関節、足関節を含めた動きづくりが必要です。

%e3%83%80%e3%82%a6%e3%83%b3%e3%83%ad%e3%83%bc%e3%83%89-13


ランニングや自転車競技で気を付けること

  • 2017年03月07日

ランニング愛好家によくみられる腸脛靭帯炎

サイクリストにもみられます。

股関節外側から脛骨のGerdy結節に付着する腸脛靭帯が、膝の屈伸運動で大腿骨の外側顆の上を移動する際の摩擦で炎症をおこすものです。

オーバーユースに加え、O脚など内反モーメントが高くなるとなりやすいといえます。

ランニングではミッドサポートで痛みが出ることが多いです。

サイクリストの場合はそんなに内反モーメントは高くないので、痛みが出る人は自転車のシューズのインソールも

いいかもしれないけど、普段の靴のインソールを見直すといいかもしれません。

img1


膝の痛み

  • 2017年02月03日

膝の痛みといってもいろいろありますが。

体重がかかってない状態でまげても痛くないけど、かかっている状態(地面に足がついている)と痛いときは

身体の使い方、使われ方に問題があることがあります。

痛む人で多いのが、膝を曲げた時に膝が内側に入ることがあります。

 

簡単なチェック法は、肩幅より少し狭いくらいに足を開いて立って、

そこから膝カックンをします。

膝が内側に入ってしまう人は、知らず知らず膝に負担をかけているかもしれません。

そのような場合、改善のための第一選択としてインソール(靴の中敷き)があげられます。

%e3%83%80%e3%82%a6%e3%83%b3%e3%83%ad%e3%83%bc%e3%83%89-19



  • 中島通接骨院
  • 0561-72-0015