むち打ち症、交通事故後の後遺症、肩こり・腰痛などお気軽にご相談ください。

  • 一宮市中島通1-4 電話番号0586-25-0035

ブログ

《交通事故治療》「むち打ち」について

  • 2021年12月09日

今回は「むち打ち」についてお話ししたいと思います。

交通事故に遭った方などから「むち打ちになってしまった。」 と聞いたことがあるかと思いますが
実際にはどのような状態かご存じですか?
簡単にご説明したいと思います。

車に後ろから追突された際 、体は前方に押し出され、その衝撃により頭は後方へ反り返りムチがしなるような状態になります。
この時に、頸椎周辺の組織が損傷し大きなダメージを受けます。
これが一般に「むち打ち」と言われるものですが、
交通事故だけでなくラグビーやアイスホッケー、サッカーなどの激しいスポーツでの接触事故により発症することもあります。

むち打ちの正式名称は、外傷性頸部症候群(がいしょうせいけいぶしょうこうぐん)または頚部捻挫と言います。
事故当日はほとんど症状は現れませんが、
翌日あたりから首や背中の痛み、頭痛、めまい、吐き気など様々な症状が現れます。

しかし、レントゲンではこれらの症状を診断することはできません。
首の関節包や筋肉、椎間板、神経の損傷はレントゲンでは確認することができないからです。
これがとても厄介なのです。

むち打ちは、受傷直後では症状が出ないことも多いので、病院でレントゲンを撮っても異常なしと言われることがほとんどです。

また、病院でのむち打ち治療は対症療法の為、電気治療や痛止薬の処方がメインであって症状改善までにとても時間がかかってしまいます。

接骨院のように、患者様ごとに症状を見ながら細かい治療はしていないとこがほとんどです。

当院では、患者様のその日の症状に合わせて治療を行いますが、リハビリやストレッチ、高周波治療器などで根本からの治癒と早期回復を目指しています。

 

交通事故に遭ってしまった方」や、「今病院に通っているけどなかなか痛みが取れない

などありましたらお気軽にご相談ください



  • 中島通接骨院
  • 0561-72-0015