むち打ち症、交通事故後の後遺症、肩こり・腰痛などお気軽にご相談ください。

  • 一宮市中島通1-4 電話番号0586-25-0035

交通事故治療・むち打ち症

交通事故の治療は接骨院がおすすめです

  • 2022年08月27日

交通事故でケガやむち打ちの症状が出た場合、ほとんどの人が病院や整形外科、接骨院などで治療を受けることになると思います。

この他にも鍼灸院やカイロ、整体などいろいろな機関があり、また家の近くだからということで決めることもあるかと思います。

しかし、交通事故後の治療を受ける施設を安易に決めることはおすすめしません。

なぜなら交通事故の衝撃は一般のケガとはレベルが違うからです。

まずは、専門的な知識や技術に対して国がお墨付きをしている「国家資格者」を選ぶようにすると良いでしょう。

国が認めた機関で治療を受ければ、健康保険や労災に加え自賠責・任意保険などの各種保険も適応されます。

国家資格

民間資格

  • 医師(外科、整形外科など)
  • 柔道整復師(接骨院、整骨院)
  • 鍼灸師
  • あん摩マッサージ指圧師
  • 整体師
  • カイロプラクティック師

 

 

〓〓〓病院か接骨院どちらに通えばいいの?〓〓〓

病院に通いながら接骨院で治療を受けることが可能です。検査や診断、投薬に関しては病院を利用し、その後の治療は接骨院に通うことをお勧めします。

病院と接骨院の両方を通うことにより回復が早まり、慰謝料や休業補償、後遺障害手続きなどその後の生活を守ることもできます。

 

病院・整形外科

接骨院

レントゲンやMRIなどで画像診断ができる。

×

痛み止めや湿布などの処方・投薬ができる

×

電気・牽引・温熱等の物理療法

ひとりひとりの症状にあわせた矯正やマッサージなどの手技療法を行う。

患部だけでなく全身を見て治療を行う
(時間をかけ丁寧に施術してくれる)

×

待ち時間が短い
(予約優先制のとこが多い)

×

夜遅くまで受付している
(予約すれば時間外も対応してくれる院もある)

×

先生との距離が近い
(ちょっとした相談もできる)

 

〓〓〓接骨院の選び方は?〓〓〓

どこに通えばいいか悪いかの判断はなかなか難しいですが、先生の腕や性格の相性などもあると思います。

かかられた方の感想や評判などは参考になると思いますし、施術者の経験と実績も大切かもしれません。

こんなことを参考にしていただければ良いかと思います。

  • 必ず、院長が施術を行っているか?
  • 日々、症状を把握し施術をしてくれるか?
  • 交通事故の治療の経験が豊富か?
  • 患者さんの気遣いができているか?
  • 保険会社との対応も積極的にしてくれるか?

中島通接骨院は交通事後治療の経験が豊富です。

お気軽にご相談ください。


交通事故治療の転院も受け付けております

  • 2022年08月27日

中島通接骨院では、病院や整形外科、他の接骨院からの転院も受け付けております。

今通院されているとこから、当院へ転院されたい場合はご連絡ください。

また、病院や整形外科と併用での通院も可能です。

 

転院とは、現在通われている病院や整形外科、接骨院から他の病院や接骨院へ移ることを言います。

どこの病院(もしくは接骨院)で治療を受けるかを決める権利は患者様にあります。

保険会社や加害者から医療機関を指定されることはありません。

患者様自身が治療を受けたい病院や接骨院を指定すれば、保険会社は速やかに手続きをしなければならない義務があります。

 

《こんなことでお悩みでははありませんか??》

  • レントゲンで「骨には異常ありません。」と言われ帰りに湿布と飲み薬をもらうだけで治るのか不安。
  • 病院ではいつも長時間待たされて、電気と簡単なマッサージだけで不安になる。
  • 症状の説明もなくいつもマッサージばかりでだけど本当によくなるの?
  • 今、病院に通っているのですが、保険会社から「治療を終わりにして下さい」と言われた。まだ痛いのに…
  • 保険会社が「示談してくれ」と言ってきている。まだ治療を受けている途中なのに…
  • 病院だと気軽に相談できないし、どうしていいか分からない。

このようなご不安等を抱え当院へ転院される方も多くいらっしゃいます。

当院に通院しながら定期的に病院や整形外科で診断をしてもらうのは可能です。

当院では、治療から保険会社との交渉に関するご相談までサポートいたしております。

お気軽にお問合せください。

 


当院の交通事故治療の流れ

  • 2022年08月25日

当院での受付から治療までの流れを簡単にご説明します。

交通事故に遭ってしまった、体に激しい痛みがある、「頭痛」「吐き気」「めまい」など事故後の後遺症が見られる方など急な症状でお困りの方は、お電話公式LINEにて当院までご連絡ください。

 

 

1、まずはお電話ください。

「交通事故の治療の件で電話しました。」などとご連絡ください。
ご予約をとって頂き、当院までお越しください。
保険会社様にお電話で 「中島通接骨院に通います。」 というご連絡をして頂くだけで、書類の手続きなどは当院が代行いたします。
ご不安な点は何でもお気軽にご相談下さい。

※最近、接骨院に通いたいと伝えたところ「こちらの指定する医療機関でないと保険は払われません」とか「接骨院には通えません」「整形外科に通ってください。」などと断られるケースもあるようですがこれは担当者の認識不足です。

医療機関を選択する権利は患者様ご自身にありますので、安心してご来院してください。法的にもまったく問題ありません。

 

2、受付

受付にて問診票をお渡ししますので、ご記入をお願いします。

痛みの場所や気になるところを全てご記入して頂きます。病院や整形外科での診断結果、内容、処方薬などもご記入お願いします。

 

3、検査・カウンセリング

様々な角度から怪我の状態や症状を確認します。

痛み具合や腫れ、患部に熱は無いかもしくは機能障害があるかなど検査をした上で、患者様に最適の治療プランを組み立てます。

お困りの症状、思い当たる原因などをなるべく詳しくお話しください。

痛みの原因・治療内容について納得いくまでご説明させていただきます。

 

4、治療

症状にもよりますが、急性期の場合、患部に熱があるようであればアイシングにより冷やすことが原則となります。

高周波医療機器【テクノシックス】などによる物理療法を行い、痛みの軽減や筋拘縮の解除、破壊された細胞の組織修復を促していきます。緊張している筋肉や凝り固まっている筋肉をほぐしていきながら機能訓練を取り入れた施術で早期回復を目指します。

痛いことは行いませんので安心してください。

 

5、治療計画のご説明

患者様の痛みの原因をご説明し、日常生活での注意点・再発予防も含め今後の治療計画を説明させていただきます。

また、早期回復の為に簡単にできる運動などのアドバイスもさせていただきます。

ご不安、ご不明な点などございましたらお気軽にご相談ください。


交通事故に遭った時の休業補償について

  • 2022年08月06日

よくある質問の一つに休業補償についてがあります。

自営業の方、会社員の方、フリーターの方などその質問内容は様々です。

休業補償とは一言でいうと「交通事故により仕事を休んだ分の補償」です。

交通事故によるケガで仕事ができず、「休んだ分給与が減った」

「ボーナスが減額された」など、収入の減収分が休業損害です。

では、この休業損害はどうやって計算するのでしょうか?

 

休業損害の計算方法は、サラリーマンの場合一般的に「事故前3ヶ月間の給与平均」から算出されることがほとんどです。

給与については、総支給金額で計算され、残業代や賞与も含みます。

ここから1日当たりの平均収入を割出し、「1日あたりの収入×休業日数」で算出します。

個人事業主の場合は、実際の収入が減った分が休業補償の対象となります。

前年の税務署受付印が押してある確定申告書の控えを使い、その収入を証明することで休業による減収分を計算します。

※納税証明の提出を求められる場合があります。

この他に、休業中にかかる経費(固定費)なども加算されます。

概ね、「前年の所得(納税証明の額)÷365」から一日分の損害額を算出し計算します。

 

専業主婦についても、交通事故の傷害により家事に従事できなかった場合は、休業損害が認められます。

任意保険基準現在は現在は日額6,100円が実通院日数に対して支払われることになっています。

しかし、保険会社としては過小評価した日数で提示することがあり、極端な場合主婦の休業損害を 0円と提示することもあります。

しかし、弁護士が介入することで基準が変わり賃金センサスの女性学歴計・全年齢平均収入が用いられます。

 


交通事故治療にはどの保険を使用するの?

  • 2022年07月30日

交通事故に遭った場合、通常は自賠責保険が使われます。

自賠責保険は被害者救済の為に作られた保険で、自由診療と言われています。

治療費は医療機関が自由に決められるため健康保険より高額になります。

(接骨院では自賠責料金が細かく決まっています。)

健康保険ではないので治療費は患者様の10割負担になりますが、実際には自賠責保険から支払われます。

★自賠責保険での治療メリットは・・・

健康保険の治療とは異なり、交通事故により入院した後のリハビリや、筋力・バランスを取りもどす為の運動療法、特別な手技療法、最新医療機器で時間をかけて治療する(健康保険では使用しない)など、治療内容はとても濃いものになります。

 

★健康保険での治療は・・・

一方、健康保険は相互扶助の考えから作られた保険で、安い料金で誰もが平等に治療を受けられる保険です。そのため、健康保険の範囲内での治療となります。

 

自賠責保険と健康保険のどちらを使用すればいいのか?

ということであれば交通事故に遭った時(被害者側)は自賠責保険を使用することをお勧めします。

 

いろいろな情報が飛び交っていますが、しっかりご自身の意思を持って後悔のない方法を選択することをお勧めします。


交通事故治療でのMRI検査の重要性

  • 2022年07月27日

交通事故 に遭った場合、早い段階でMRI検査 をお勧めします。

 

むち打ちなどの場合は、症状が出始めるのに1週間くらいかかる場合もあります。

検査等何もしないでいると、その後症状が悪化しても事故とは関係がないと判断され、適切な治療や賠償等が受けられないケースがあります。

 

事故当時、首を大きく捻った、頭を打ちつけた場合は、できるだけ早くMRIの検査を受けるようにしてください。


交通事故に遭った時の加害者の治療費について

  • 2022年07月24日

加害者の立場でも、相手側に1割の過失があれば、相手側の自賠責保険を適用して、窓口負担0円で通院できる可能性があります。

過失割合が9:1であっても、お互いケガをしていれば、双方が被害者であり、加害者でもあるという考え方です。

ただし、加害者に過失が7割以上ある時は、補償金額は減額されます。

また、自動車保険の任意保険(人身傷害)に加入していれば、窓口負担0円で通院していただくことが可能です。

 

加入されている任意保険をご確認ください。

 


交通事故治療は中島通接骨院へ

  • 2022年07月13日

「仕事の終わりが遅くなかなか通院できない…」、「待ち時間が長くて…」などでお困りの方や、

事故に遭っても「症状が軽く大したことないし…」や「妊娠中でなかなか思うように治療が受けられない…」などと不安を抱える方も多くいらっしゃると思います。

 

交通事故に遭っても症状が軽い場合は、面倒でなかなか通院しようという気になれないかもしれません。

しかし、交通事故の後遺症で悩む患者様の多くは、ほとんどが「初期治療の遅れが原因」というデータもあります。

 

また妊娠中の交通事故治療については消極的な医療機関も多く、思うように施術が受けられない場合があります。

 

当院では、患者様の状態や、ケガの症状に合わせた治療を行っております。

お気軽にご相談ください!


交通事故の慰謝料について

  • 2022年07月08日

交通事故慰謝料の算出方法は、

①自賠責保険基準

②任意保険基準

③裁判基準

の3つに分けられており、自賠責保険基準→任意保険基準→裁判基準の順に慰謝料が高くなります。

 

通常、保険会社と交渉を行うと、できるだけ低く慰謝料を抑えようとするため一番低い自賠責保険基準で計算されることがほとんどです。

自賠責保険基準での計算方法は、「実通院日数×2」 と 「通院期間」を比較し、日数の少ない方に4,200円をかけて計算されます。

しかし、その金額に納得できない場合は弁護士に相談して解決をする方も増えてきているようです。

裁判基準までは慰謝料は上がらなくても、自賠責保険基準よりは大幅に増額 される可能性がありますので相談されることをお勧めします。

 

 


むち打ち損傷

  • 2022年07月06日

交通事故によるむち打ち損傷は多くみられます。

9割は24時間以内に痛みが現れますが、そうでない場合もあります。

レントゲン等で頸椎の損傷が否定されれば頸椎カラーを外すことが多いです。

実は頸椎カラーをつけると、つけない場合よりも治るのが遅くなるともいわれています。

 

むち打ちは、しばらく放っておいたり、初期のうちに適切な治療を受けることができなかった場合は、完治するまでにとても時間がかかってしまうこともあります。

交通事故に遭った場合は、早めの受診をおすすめします。

 



  • 中島通接骨院
  • 0561-72-0015