むち打ち症、交通事故後の後遺症、肩こり・腰痛などお気軽にご相談ください。

  • 一宮市中島通1-4 電話番号0586-25-0035

交通事故治療・むち打ち症

「ながらスマホ」はやめましょう。

  • 2022年01月12日

車の運転をしていると、時々動きのおかしい車を見かけます。

「チラっ」と覗いてみると、スマホを操作していたり、画面をチラチラ見たり…

「ながらスマホ」の状態です。

車は蛇行していたり、片側により過ぎていたり、かなりスピードが遅かったりと様々です。

運転中にスマホを使用していた事がきっかけの事故は増えており、罰則が厳しくなりましたね。

警察の方も取締りを強化しているそうです。

 

「ながらスマホ」は大きな事故につながることもあり、とても危険です。

運転中は運転に集中しましょう!


雪の日の運転にご注意を!

  • 2021年12月22日

クリスマスから年末にかけて寒波が襲来すると言われています。

も心配ですよね。

外出時は転倒など注意してくださいね。

 

スタッドレスタイヤに変えていない車も多いので、歩行時はできるだけ車道付近を通らない方が良いでしょう。

車はスリップすると、コントロールがききづらくなりとても危険です。

実際、雪の日は交通事故 が増えます。

車を運転する際は、細心の注意を払いましょう。

 

中島通接骨院では、交通事故でのケガの相談を無料で受け付けております。

交通事故にあったけど、どうしていいかわからない」「今病院に通院中だけど変わりたいなど相談内容は様々です。

お気軽にお電話ください。


「一括請求」って何?

  • 2021年12月18日

交通事故に遭って通院 を始める際、

保険会社から「一括請求でお願いします」と言われることがあります。

意味も分からず、ほとんどの方がこの一括請求を選択されているかと思います。

 

一般的には「任意一括請求」といいますが、過失割合が高い方の保険会社が、「事故に係る処理を全て引き受ける」という意味で、治療費や慰謝料など被害者に立て替え払いをしてくれるというとても便利な制度です。

このことから加害者側の保険会社が、事故によって生じた治療費や慰謝料をまるで支払っているかのように思えます。

しかし、実際には交通事故による補償は、120万円を上限として自賠責保険により国から支払われます。

自賠責保険は強制保険と言われ、車検を受ける時に必ず加入することになっています。)

 

つまり、加害者側の保険会社が一時的に被害者側に立て替え払いをし、その後かかった費用を自賠責保険(国)に請求するという仕組みなのです。

 

「120万円以内で済めば加害者側の保険会社は自分の任意保険からは1円も払わなくていい」ということになります。

 

治療費や慰謝料が自賠責の120万円で収まるのならば問題はありません。

しかし自由診療の場合、健康保険は使いませんので、その分治療内容が手厚く丁寧になり診療報酬単価は高くなります。

病院での検査代や治療費をあわせ120万円を超えそうになるのは3~4ヶ月を過ぎる頃からです。

この頃から保険会社は通院の終了を勧めてきたり、「これ以上保険金は支払いません」などと言い示談交渉をせかしてくることが多いのです。

任意一括請求の場合、被害者は特に手続きをする必要がないのでとても楽です。

しかし、保険会社はケガの治り具合に関わらず、示談金を自賠責保険からの支払額のみと提示してくることがよくあります。

また自賠責保険から支払われた保険金は示談が成立しないと被害者へ支払われません

つまり任意一括請求を選択すると、保険会社に主導権を握られたままで示談交渉することになります。

 

当院では、このような事情も踏まえて、

治療はもちろんのこと保険会社と何度も話し合いをし患者様が不利益を被ることないよう全力でサポートしています。


接骨院での「交通事故・むち打ち治療」って?

  • 2021年12月17日

先日、病院 へ通院中の患者様から

「接骨院でのむち打ちへの治療はどのようなことをするのか?」とのご質問をいただきました。

様々な情報が飛び交っているので、実際に接骨院の先生と話をして治療を受けないと分からないことも多いと思います。

 

当院に転院されてくる患者様も多いのですが、その理由は

①待ち時間が長く、治療時間が短い。

②治療をする人がいつも違い、アドバイスも違うので不安。

③まだ痛いのに、治療を終わらせようとする。(保険会社の都合)

 

先生の治療の技術は当然のことなのですが、どれだけ親身になってもらえるか、相性が合う合わないの理由が多かったと言えます。

交通事故治療では、病院や整形外科と接骨院での同時併療をおすすめします。

病院や整形外科では、検査設備が豊富で、痛み止めの注射や投薬が可能です。

しかし、治療となると時間も短く、牽引や電気がメインとなり手技はほとんどありません。

 

接骨院では手技がメインとなり一人一人の症状に合わせた治療を行います。

当院では、交通事故治療プログラムに最新医療機器を組み合わせた治療を行います。

現在、病院や整形外科に通院中でも転院の相談を受け付けております。

お気軽にご相談ください。


物損事故について

  • 2021年12月14日

今回は「物損事故」についてのお話です。

 

交通事故に遭うと、身体へのダメージの他に、車にも傷がついたりヘコんだりといった損害を受けます。

信号待ちの交差点で後ろから追突された場合、車両に対しての損害は慰謝料ではなく損害賠償という形で請求をします。

修理期間中は修理代も含めレンタカー代がかかりますし、廃車となれば買い替えの為の費用を請求します。

しかし、物損に対する損害賠償額は意外に少ないことが多いです。

それは、購入価格の金額ではなく、その時の時価が基準となる為です。

 

例えば中古で80万の車を購入し、5年後に交通事故で車が著しく損傷した場合、年式が古ければ、【全損扱い】となり、修理代金は支払われないことが多いです。

つまり、時価は20万円しかないのに修理なら35万円かかるという場合、時価の20万円しか補償されないということです。

そうすると自分の乗っていた同等クラスの車を弁償してもらうのは不可能ですし20万円の車はかなりの古い年式になりますね。

せめて、時価の20万円以上にしたい。あと5万円くらい高くなれば・・・・という時は中古車の一括査定サイトで見積もってもらい、一番高い買取金額の車両価格を提示しましょう。

 

「事故での損害立証責任は被害者側にある」ということになっていますので、その一番高い金額を保険会社の方へ提示してください。

多少は変わるかもしれません。

やられ損にはなりたくないですね。

 

交通事故によるケガ(むち打ち症、腰痛、手足のしびれ等)でお悩みの方はお気軽に当院までお問合せ下さい。

 


人身傷害補償特約とは?

  • 2021年12月10日

先日、患者様から質問された人身傷害補償特約について知っている範囲で簡単にご説明します。

(私は専門家ではないので、保険担当者さんに必ず確認をとってくださいね。)

 

車 を運転するとなると、ほとんどの方が自動車(任意)保険に加入すると思います。

その際は、「人身傷害補償特約」を付帯することをお勧めします。

この「人身傷害補償特約」は何がいいのか?というと、、

 

自分の過失に関係なく、契約時の保険金額を上限とし保険料が支払われる。

示談交渉による過失割合の決定を待たずに保険金を受け取ることができる。

(通常は示談が成立しなければ賠償金を受け取ることはできません。)

契約中の車、またはそれ以外の車に搭乗中の事故はもちろん、歩行中や自転車搭乗中の自動車事故にも適用される。(契約者とその家族もOK)

自動車保険を使用した場合は3等級下がるのが基本ですが、人身傷害補償特約は保険請求しても等級は下がりません。

 

なんと約4台に1台が任意保険なしで走っているという統計もあるそうです。

自己防衛しておかないといけませんね。


「むち打ち」について

  • 2021年12月09日

今回は「むち打ち」についてお話ししたいと思います。

交通事故に遭った方などから「むち打ちになってしまった。」 と聞いたことがあるかと思いますが
実際にはどのような状態かご存じですか?
簡単にご説明したいと思います。

車に後ろから追突された際 、体は前方に押し出され、その衝撃により頭は後方へ反り返りムチがしなるような状態になります。
この時に、頸椎周辺の組織が損傷し大きなダメージを受けます。
これが一般に「むち打ち」と言われるものですが、
交通事故だけでなくラグビーやアイスホッケー、サッカーなどの激しいスポーツでの接触事故により発症することもあります。

むち打ちの正式名称は、外傷性頸部症候群(がいしょうせいけいぶしょうこうぐん)または頚部捻挫と言います。
事故当日はほとんど症状は現れませんが、
翌日あたりから首や背中の痛み、頭痛、めまい、吐き気など様々な症状が現れます。

しかし、レントゲンではこれらの症状を診断することはできません。
首の関節包や筋肉、椎間板、神経の損傷はレントゲンでは確認することができないからです。
これがとても厄介なのです。

むち打ちは、受傷直後では症状が出ないことも多いので、病院でレントゲンを撮っても異常なしと言われることがほとんどです。

また、病院でのむち打ち治療は対症療法の為、電気治療や痛止薬の処方がメインであって症状改善までにとても時間がかかってしまいます。

接骨院のように、患者様ごとに症状を見ながら細かい治療はしていないとこがほとんどです。

当院では、患者様のその日の症状に合わせて治療を行いますが、リハビリやストレッチ、高周波治療器などで根本からの治癒と早期回復を目指しています。

 

交通事故に遭ってしまった方」や、「今病院に通っているけどなかなか痛みが取れない

などありましたらお気軽にご相談ください


ひき逃げについて(政府保障事業制度)

  • 2021年12月08日

時々、ニュースや新聞で見かける「ひき逃げ」
心がとても痛みます。
事故に遭われた方の命は大丈夫だったのか?
大けがをしているのではないか?
この業界にいるといつも考えてしまいます。
交通事故撲滅のために安全運転が第一ですね。

以前の話ですが、ひき逃げに遭われた高齢の患者様が来院していたことがあります。
通院は3ヶ月程で終わったのですが、「治療費はどこへ請求するの?」
ということになりました。
ひき逃げなので、当然加害者からの賠償を受けることが難しくなります。
不運にもひき逃げされ、治療費まで自分で支払って、このまま泣き寝入りなのか・・・
その時の患者様の様子は今でも覚えています。

しかし、いろいろ調べてみた結果・・・
被害者が泣き寝入りすることないように国が賠償金を払ってくれる制度があることが分かりました。

 

それは 「政府保障事業制度」といいます。

加害者に代わって国が賠償金の支払いを行うのですが、ひき逃げはもちろん盗難車や車検切れの車 による事故 なども含まれます。

請求は、全国の損害保険会社農協等の窓口で受け付けており、支払い限度額は自賠責保険の基準と同様です。

なので、安心して治療を受けることができます。

 

しかし、デメリット もあります。

通常の自賠責保険では保険金の支払いが1ヶ月~数ヶ月間ということで早いのに対し

「政府保障事業制度」では、6ヶ月~1年以上かかるとの遅いことがあげられます。

また、自賠責保険での保険金の一部を先に請求できる「仮渡金」と「内払金」のような制度もありません。

つまり、それまでの費用は全て被害者の方で負担しなければなりません。

健康保険による治療を行うので、立て替え額は抑えられますが、重症ですとそれなりに入院 や通院回数が多くなり大変です。

 

しかし、この制度のおかげで当院の患者様も含め全国には救われた方が大勢いらっしゃるとも聞いております。

とてもありがたい制度ですね。

 



  • 中島通接骨院
  • 0561-72-0015